ビックリ!思い出に残る公共施設

私がよく利用している高速道路は、三陸自動車道です。

ビックリ!思い出に残る公共施設
ビックリ!思い出に残る公共施設

復興の象徴的存在の高速道路

私がよく利用している高速道路は、三陸自動車道です。
仙台に来た友人をつれて三陸の海の幸を食べに行ったり、宮城県北部の友人に会いに行ったりするときに使用しています。

とにかく、特筆すべきは海を見ながら走れるという点です。
単調な高速道路はつい、眠くなってしまいますが三陸自動車道は海を見ながら走ることができるので、飽きません。走っていると、気分がスッキリして、日頃のストレス解消にもなっていると思います。
ただし、夜は海も真っ暗になってしまって見えません。なので、おすすめは晴れた日の日中です。
明け方頃には、とても幻想的でまるでカレンダーの写真のような景色です。

宮城県を案内するときに三陸自動車道を走ると、皆美しい景色に驚きます。
有料道路なみに美しい景色なのに、あまり知られていないところもポイントが高いのではないかと思います。

東日本大震災による被害も大きかったのですが、同年の夏には全線が復旧しました。気仙沼に至る高速道路なので復興の象徴としての役割も果たしています。

関連リンク

Copyright (C)2018ビックリ!思い出に残る公共施設.All rights reserved.